Web Analytics Made Easy - Statcounter
View My Stats

japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

夏バテとは、夏の暑さに体が適応できず、さまざまな症状から体調を崩すことです

夏バテの解消には、食べ物からバランスよく栄養を摂取することが必要です。
また、日頃から積極的に栄養を補給しておくことで夏バテの予防にもつながります。
夏バテにはどんな食べ物や栄養素が必要なのでしょうか。
夏バテを予防するためには、どこに気を付ければよいでしょうか。

 

夏バテとは

夏バテとは、夏の暑さに体が適応できず、さまざまな症状から体調を崩すことです。
さまざまな症状には食欲不振やだるさ、疲れやすくなることなどが挙げられます。
また、夏の暑さで寝つきが悪くなり、不眠や寝不足から夏バテの症状が悪化することもあります。
夏バテを予防するためには、日頃の食事から様々な栄養素を摂取することが大切です。

 

夏バテによる症状

夏バテ症状は主に以下のとおりです。

  • 脱水症状
  • 栄養失調
  • 自律神経の乱れ
  • 疲労感・疲れが取れにくい
  • 睡眠不足
  • 胃の弱りによる吐き気・食欲不振
脱水症状

暑さで汗をかくことによって、必要以上に体内の水分が失われた状態のことを指します。
脱水症状になったときにあらわれる、具体的な身体の変化は以下のとおりです。

  • 唇や皮膚の乾燥
  • 頭がぼーっとする
  • 集中力の低下
  • 立ちくらみ
  • 筋肉痛
  • 筋肉硬直
  • 頭痛・動機
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 倦怠感
  • 腹痛
  • 意識障害・記憶障害
  • 高体温(日射病)
脱水症状

夏バテによる栄養失調の際にみられる症状としては、

  • ミネラル不足により、免疫力の低下やイライラしやすくなる
  • タンパク質不足により、疲れやすくなる
  • 脂質不足のため、エネルギーが足りなくなり体力の低下に繋がる

などがあります。

自律神経の乱れ

発汗などの身体機能の調節は、自律神経である交感神経と副交感神経が行っています。
夏の気候や猛暑が続くことで、身体のバランスを整える自律神経の乱れが生じるのです。

特に現代では、エアコンが効いた室内と外気との気温差が大きくなっています。
その結果、自律神経に負担がかかることも、自律神経の乱れが生じる原因の1つです。

自律神経の乱れによって、

  • 体温調節機能の乱れ
  • 胃もたれ
  • 食欲不振
  • だるさ

などの症状があらわれます。

疲労感・疲れが取れにくい

なんとなくだるい、疲れが取れないなどの症状も夏バテの代表的な症状です。
自律神経の乱れにより身体の機能がうまく働かず、疲労感が蓄積します。

睡眠不足

地球温暖化などの影響により、夜間の温度が25度以上の熱帯夜になる日が増えています。
そのため、

  • 寝つきが悪くなる
  • 眠りが浅くなる

といった状態となり、睡眠不足になるのです。

胃の弱りによる吐き気・食欲不振

自律神経の乱れによって起こる症状の1つとしてみられるのが、消化器機能の低下です。
その結果、吐き気や食欲不振が起きることがあります。

 

夏バテの症状の期間

カラダの回復には、熱中症のⅡ度で感じる全身の倦怠感には2〜4週間を要します。
Ⅰ度の熱中症でも、1〜2週間は無理をしない方が良いと考えます。
夏バテを予防するための日常的な対策としては、十分な睡眠と規則正しい生活、バランスの取れた食事が重要です。
バランスの良い食事を摂りながら、3食をしっかり食べて栄養素や水分、塩分などのミネラル(電解質)を摂取し、十分に休息をとることが必要です。
特にお盆を過ぎた時期には、夏バテの要因が蓄積されているため、冷たい飲み物や食事は避けるようにしましょう。
また、夏バテには脱水の傾向も見られます。
夏の終わりになっても、こまめに水分や少量の塩分を補給することで脱水を防ぎ、自律神経のバランスを保つことが大切です。

 

夏バテが生じる原因

夏バテ症状が生じる原因として挙げられるのは以下の2つです。

  • 水分・ミネラル不足

  • 生活環境の著しい気温変化

水分・ミネラル不足

夏は発汗する頻度が増える時期です。
汗とともに、水分やナトリウムなどのミネラルが失われやすい傾向にあります。
ナトリウムなどのミネラルは、体内で作り出すことができません。
そのため、意識的に水分やミネラルを補給する必要があります。

生活環境の著しい気温変化

夏は、屋外の厳しい暑さとエアコンの効いた涼しい室内の温度差が顕著です。
このような環境を頻繁に行き来することで、身体の体温調節機能が対応しきれなくなります。
その結果、夏バテ症状が生じる原因となるのです。

 

夏バテに良い食べ物

夏バテに効果がある食べ物を7つ紹介します。
食材を組み合わせて、毎日の献立に取り入れてみてください。

うなぎ

疲労回復をうながすビタミンB1が豊富に含まれています。
栄養価も高いため、夏バテで体力が落ちた時には最適な食べ物です。

豚肉

豚肉と同様に、ビタミンB1を豊富に含んでいます。
また、筋肉や皮膚の構成に必要なたんぱく質やエネルギー源となる脂質も含まれています。

そのため、バテない体作りには欠かせない食材です。

おくら

水分や食物繊維、ビタミン、カリウムなどの栄養素がバランスよく含まれています。
特にカリウムは、余分な塩分を排出し体内の塩分濃度を調整する働きがあります。
塩分を摂りすぎた日は積極的に摂取しましょう。

トマト

水分が多く含まれているため、体の熱を冷ます働きがあります。
夏バテの時期に旬を迎えるため、新鮮なトマトを手ごろな値段で食べられます。

きゅうり

トマトと同様に水分が多く、体を冷ます効果があります。
食べ物の中でも水分が多く、100gあたり95gの水分が含まれています。
カリウムも豊富のため、塩分をとりやすい夏には最適な食べ物です。

梅干し

クエン酸が含まれており、疲労回復が期待できる食べ物です。
そのまま食べることもできますが、様々な料理に活用できます。

レモン

梅干しと同様にクエン酸が含まれています。
はちみつで酸味をやわらげたり、ジュースで手軽に摂取できます。
そのため、好みに合ったアレンジが可能です。

 

夏バテの予防・解消に適した食事方法

夏バテの予防や解消には、適切な食事方法を選択することも重要です。
以下のことに気を付けながら、日々の食事を心がけましょう。

量よりも質を重視

暑いと食欲が減り、食べやすいそうめんなどで簡単にお腹を満たしてしまいがちです。
しかし、偏った食事を摂ることで、必要な栄養素が不足し体調を崩す原因になります。
食事は量よりも質を重視し、様々な食べ物を組み合わせた食事を心がけましょう。

冷たい物の摂りすぎに注意

夏になると、体の熱を冷ましたり水分補給のために、冷たい物を多く摂りがちです。
冷たい物は胃腸に負担がかかり、食欲不振の原因にもなるため注意が必要です。
温かい料理を食べたり、常温のお茶や水を選ぶなどして、胃腸の負担を減らしましょう。

香辛料を活用して食欲増進

香辛料には食欲を増進させる効果があります。
とうがらしやカレー粉を取り入れたり、韓国料理やインド料理を食べたりするのもおすすめです。

 

夏バテのときは脂質を控える

夏バテのときは、脂質の摂取をなるべく控えましょう。
脂質は炭水化物やたんぱく質と同じく、体にとって重要なエネルギー源です。
しかし、脂質の消化には時間を要するため、夏バテで弱った胃腸には負担がかかります。
脂質を多く含んだ食べ物を摂る時は、下ごしらえや調理法を工夫しましょう。

例えば肉類は

脂肪や皮を取るだけでも余分な脂質を減らせます。
また、「炒める」「揚げる」より、「蒸す」「ゆでる」を選択することも方法の一つです。調理法を工夫することで同じ食材でも胃腸の負担を減らすことが可能です。
他にも食物繊維は、一緒に摂取すると脂質を吸着し体外へ排出する働きがあります。
夏バテの体に負担が少ない食事を目指しましょう。

 

 

スポンサーリンク