Web Analytics Made Easy - Statcounter
View My Stats

japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

炭酸水に味を付けて作った清涼飲料水であるサイダー

夏の飲み物といえば、何を思い浮かべますか。
麦茶、ビール、アイスコーヒー、アイスティー、スポーツドリンク、冷たい水など、いろいろな飲み物がありそうですね。
炭酸飲料を思い浮かべる人もいるでしょう。
サイダーも炭酸飲料の一つです。サイダーは夏の季語にもなっています。

 

サイダーはペリーが日本に伝えた?

炭酸飲料は18世紀後半にイギリスで発明されました。炭酸飲料はその後、世界各地に広がり、日本には幕末に伝わりました。
一説によると、1853年、浦賀に来航したアメリカ海軍のペリー一行が、交渉相手である奉行たちに炭酸入りのレモネードを振る舞ったといわれます。
炭酸水に味を付けて作った清涼飲料水であるサイダーを日本で初めて製造・販売したのは、横浜の秋元巳之助(あきもとみのすけ)といわれ、明治時代半ばのことです。
炭酸飲料など飲んだことのなかった当時の日本人は、シュワシュワする飲み物に、さぞ驚いたことでしょう。
 

国によって異なる「サイダーの意味」

上で「炭酸水に味を付けて作った清涼飲料水であるサイダー」と書きましたが、実はこの「サイダー」という言葉、ちょっとややこしい。国などによって、異なる意味で使われているのです。
サイダーは、英語では“cider”と書きます。ciderの意味はイギリスでは「りんご酒」のことで、これがciderのもともとの意味です。アルコール飲料なのですね。
ところが、同じciderでも、アメリカでは主に「りんごジュース」を意味します。アルコールは入っていません。
ただ、共通しているのは、どちらも「りんご」が入っていることです。
日本でいう「サイダー」は炭酸水に砂糖や香料、酸味料などを加えた清涼飲料水で、りんごが入っているかどうかは関係ありません。
「シードル」という飲み物もありますね。シードルは“cidre”というフランス語から来ている言葉で「りんご酒」を意味し、多くは発泡酒です。イギリスのcider(サイダー)と似た意味です。
日本とイギリスとアメリカの「サイダー(cider)」に「シードル(cidre)」、ややこしいですね。
 
 

サイダーはやっぱり夏が似合う

冒頭で書いたように、「サイダー」は夏の季語にもなっています。もちろん、このサイダーには、アルコールは入っていません。
「サイダー」はどうして夏の季語になったのでしょうか。
そもそも季語は、俳句や連歌(れんが)で季節を表すために詠み込むように定められた言葉です。季語を認定する機関などは存在していなく、歳時記の編者が取捨選択しています。
「サイダー」がどういう経緯で夏の季語になったのかはわかりませんが、暑くなってくると飲みたくなる人が増えるし、グラスに注ぐと気泡が立ち、「シュワシュワ」と清涼な音を立てる様(さま)は、いかにも夏のイメージです。
 

「レモネード」がなまって「ラムネ」になった!?

ラムネは「レモネード」が転訛(てんか)した言葉といわれます。レモネードの「レ」が「ラ」に聞こえ、語尾が消えて、「ラムネ」といわれるようになったと考えられています。
ラムネは炭酸水に甘味料や香料などを加えた清涼飲料水。ガラス玉で瓶に栓をしているのが大きな特徴です。
ガラス玉を押し下げると、ポンッという心地よい音が響きます。この音だけでも清涼感が漂い、少し涼やかになった気がするのは、気のせいだけではないかもしれません。
 

炭酸飲料は18世紀後半にイギリスで発明された

そもそも炭酸水とは炭酸ガス(二酸化炭素)の水溶液で、炭酸飲料とはその炭酸ガスを含んだ発泡性の清涼飲料水です。
その炭酸飲料は18世紀後半にイギリスで発明されました。炭酸飲料はその後、世界各地に広がり、日本には幕末に伝わりました。
一説によると、1853年、浦賀に来航したアメリカ海軍のペリー一行が、交渉相手である奉行たちに炭酸入りのレモネードを振る舞ったといわれます。
 

ラムネとサイダーの違いはナニ?

ガラス玉を瓶の栓として使うことを考案したのはイギリスのハイラム・コッドという人物で、1843年のことです。
ガラス玉を入れた瓶に炭酸ガスと原液(炭酸飲料の元になる液体)を入れると、炭酸ガスの圧力でガラス玉が瓶の飲み口に密着して、瓶の栓の役目を果たします。

この瓶が日本に登場したのは1887(明治20年)ごろで、当初はイギリスから輸入されたものを使っていましたが、やがて国産のガラス玉入り瓶も作られるようになりました。
さらに1904(明治37)年、瓶に王冠で栓をした国産の炭酸飲料も発売されるようになりました。
これ以降、ガラス玉で瓶に栓をした炭酸飲料をラムネ、王冠で瓶に栓をした炭酸飲料をサイダーと、日本では呼ぶようになりました。栓をガラス玉でしているか、ガラス玉以外の王冠などでしているかが、ラムネとサイダーの違いになったのです。
 

今や、懐かしさのこみ上げるラムネ

「ラムネ」も「サイダー」も夏の季語になっています。
立秋を過ぎ、暦の上ではすでに秋ですが、実際には、暑い日が続いています。
涼を呼ぶためにも、ラムネを詠んだ句を紹介しましょう。俳人の鷹羽狩行(たかはしゅぎょう/1930年~)の作です。

〜ラムネ店(みせ)なつかしきもの立ちて飲む〜
 
ラムネを売っている店を見かけて、懐かしく思って、買って、その場で立ったまま飲んだのでしょう。
ある年齢以上の人であれば、この「なつかしさ」に、涼やかさとともに甘酸っぱさも感じるかもしれません。
ラムネを見かけることは一時期に比べるとかなり少なくなりましたが、それでも、今も一部のコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどでラムネを購入することができます。もちろん、お祭りの屋台で見かけることもありますね。
 
 
スポンサーリンク