Web Analytics Made Easy - Statcounter
View My Stats

japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

もちもちした食感で、噛んだときのほんのりした甘みが特徴の・・・・。

もちもちした食感で、噛んだときのほんのりした甘みが特徴のタピオカ。黒い大粒な形が印象的ですよね。タピオカは、ドリンクやスイーツに入っていることが多く、女性には人気の食べ物です。

キャッサバというイモのでんぷんを加工して作られる「タピオカ」。もちもちとした食感がクセになりますよね。

 

大好きな人が多いけれど、タピオカって何?

タピオカの原料は「キャッサバ」という南米原産のイモの一種です。タピオカは、キャッサバの根茎から製造されたデンプンのこと。なぜ、キャッサバデンプンを「タピオカ」と呼ぶのかと言えば、デンプンの製造法をブラジルの先住民のトゥピ語で「tipi'óka」と呼ぶことに由来します。
キャッサバデンプンは、ライスヌードルや冷凍うどん、もちもちした食感のパン「ポンデケージョ」やお菓子の材料などにも使用されます。
日本でなじみのタピオカの食べ方と言えば、そう「タピオカティー」ですよね。タピオカティーは、ミルクティーに大粒のタピオカパールを入れた台湾発祥の飲み物。この「タピオカパール」は、糊化させたタピオカを容器に入れ、回転させながら雪だるま式に球状に加工し、乾燥させたもので、煮戻して使います。

 

タピオカの原料は「キャッサバ」

タピオカの原料は、「キャッサバ」というイモの一種で、原産地は南米です。サバナ気候や熱帯雨林気候の地域などで栽培されていることが多く、気候条件や土壌条件が厳しくても比較的簡単に生産できるといわれています。栽培技術も確立されてきているので、大量に栽培することができるのです。

 

南米原産「キャッサバ」とは

 

実はこのキャッサバには、有毒な成分「シアン化合物」が含まれています。
そのため、注意が必要です。食用にするためには毒抜きの処理が不可欠であり、生食の状態で日本に輸入することは禁止されています。葉を発酵させ有毒な成分を除去し、加工されたキャッサバのみ日本への輸入が許されています。
そして、キャッサバをタピオカにするために、さらなる加工がなされます。まず、キャッサバの根茎から取ったでんぷんを水で溶き、加熱します。

そのあと粒状にして乾かすと「タピオカパール」になります。 どうやって丸い粒状にするか気になりますよね。まさか手ごね!? いえいえ、原料の練ったタピオカを特殊な容器に入れて回転させると遠心力がかかって雪だるまのように丸くなるんです。
このタピオカパールを2時間ほどゆでて戻すと私たちが知っている「タピオカ」になります。デザートやココナッツミルクなどでよく目にするタピオカの姿ですね。
通常タピオカは乳白色のような色をしており、黒いタピオカはカラメルなどで色付けされています。愛らしい見た目とプヨプヨとした食感がクセになります。

 

タピオカブーム 歴史と起源とは

一度目は平成4年(1992年)という平成のごく初期に巻き起こったタピオカブーム。
2008年頃にもリバイバルが起きましたが、平成が終わって令和という新時代を迎えた今、再々燃中です。
三度目の流行となりますが、実は一度目のブームと二度目以降は楽しみ方に違いがあります。二度目のブーム時と現在はテイクアウト可能なカップ入りのタピオカミルクティーが主流ですが、最初のブームで話題となったのは、タイ料理レストランなどのデザート「タピオカ入りココナッツミルク」でした。
外食からテイクアウトやお惣菜といった持ち帰れる食べ物へと、人々の消費生活が変化したことも背景にあるのかもしれません。


それでは、現在流行っているタピオカドリンクの起源はどこにあるのでしょうか。答えは台湾。ミルクティーにタピオカを入れて太いストローで吸い上げるという飲み方は、現地では1980年代から愛されています。
台湾中部の台中市にある春水堂というお店が、タピオカミルクティーの元祖。今では、もちろん今では春水堂に限らず、街のドリンク屋や夜市の屋台でもこの珍珠[女/乃]茶(タピオカミルクティー)を飲むことができます。

 

タピオカのカロリー

ブームに伴い、「タピオカは太る」という注意喚起も耳にするようになりました。実際のところ、タピオカにはどれくらいのカロリーがあるのでしょう?
『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』によれば、乾燥状態のタピオカは100gあたり355kcal。ゆでたタピオカは100gあたり62kcalです。
 

タピオカの栄養

タピオカに含まれている栄養はというと、ほぼ100%が炭水化物。
たんぱく質や脂質はほとんど含まれていません。たんぱく質は0g、脂質は乾燥状態で0.2g。ゆでると限りなくゼロに近い「Tr」とされています。食物繊維はタピオカ100g中に乾燥状態で0.7g、ゆでると0.4g。1%以下です。
ビタミンやミネラルなどもタピオカパールの製造工程で取り除かれてしまっており、これらの栄養素による健康効果というのは期待できません。

■タピオカの危険性の真偽は?

「原材料であるキャッサバが有毒だから、実はタピオカは危険」という噂があります。キャッサバ芋の苦味種に含まれていることが多い青酸配糖体ですが、仮にタピオカを作るのに苦味種を使ったとしても、キャッサバデンプンの加工工程で水さらしなどが繰り返されるうちに取り除かれ、無毒化されています。実際にタピオカを口にする上で危険性はありません。

■タピオカで便秘解消の真偽は?

「タピオカには食物繊維が多いから、便秘解消になる」という誤った情報を信じている方もいるようですが、タピオカに含まれる食物繊維は本当にわずかなもの。下痢や便秘解消を引き起こすとは考えられません。

■タピオカアレルギーの真偽は?

「タピオカの食べ過ぎでアレルギーになる」ことを心配する声も聞かれますが、食品アレルギーは一般的にたんぱく質に反応することが多く、またデンプンアレルギーは日本では症例が少ないので心配しすぎる必要はないといえるでしょう。
しかし食品なので、100%アレルギーにならないとはいい切れません。炭水化物を多く含む小麦、そば、米などの食品にアレルギーをお持ちの方は、念のため注意されたほうがよいかもしれません。

 

タピオカは太る? 痩せる? ダイエット効果とは⁉

「タピオカは太る」という危惧の一方で、「食物繊維のおかげで腹持ちがいいから痩せる」とダイエット効果を期待する声もあるようですが、タピオカはほとんどがデンプンでできているため高カロリー。
食物繊維もごく少量しか含まれていないため腹持ち効果も期待できません。いってしまえば「デンプンの塊」であり、一度に口にするのは少量であるとはいえ、ダイエット中に積極的に取り入れたいものではないでしょう。
また実は、水で戻しただけのタピオカはほとんど無味。美味しく食べるために甘いドリンクに入れられたり、砂糖などで甘みをつけられたりしてから売られています。
流行りの楽しみ方では、「タピオカは太る」といわれても仕方がないかもしれません。

 

 

スポンサーリンク