Web Analytics Made Easy - Statcounter
View My Stats

japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

冷たい喉越しと程よい酸味が特徴的な冷やし中華

冷やし中華の始まりは、宮城県仙台市の中華料理店であるという説や、第二次世界大戦後に、東京神田の揚子江菜館2代目が創作したとする説があります。中国には、四川や上海で好まれる“涼拌麺”という麺料理がありますが、冷やし中華とは異なり、麺を冷やして食べるものではなく、もやしと細切りの肉を麺に乗せて、冷やしたゴマ味のソースをかける料理です。この涼拌麺と日本人が好んで食べていた“ざるそば”から発想して作られたとか…

 

東京と仙台に分かれる冷やし中華の元祖!

冷やし中華の発祥には諸説あるが、〈龍亭〉の初代・四倉義雄が1937年に考え出したのは「涼拌麺」。「宮城県中華料理生活衛生同業組合の前身で組合長を務めていた初代が、夏に落ち込む売り上げ向上を目指して発案。夏のスタミナ源として売り出したと聞いています」(4代目・四倉暢浩さん)。29年9月には、味の素から発行されたレシピ本『料理相談』に冷麺(冷やしそば)というメニューが掲載されていた記録も残る冷やし中華。その歴史は奥深い。

 

元祖は仙台の龍亭説が有力

冷たい喉越しと程よい酸味が特徴的な冷やし中華は、日本で生まれた料理です。その元祖は、宮城県仙台市にある中国料理店『龍亭』が有力だとされています。
龍亭の冷やし中華誕生は、昭和12年の夏にまでさかのぼります。東北といえど夏は暑く、中国料理は熱いイメージがあるため売り上げは低下していたそうです。仙台七夕のお祭りと重なるその時期、観光客を呼び込み売り上げを伸ばす『打開策』として考案されたのが、冷やし中華でした。
当時はキャベツやニンジンなどの野菜をのせたシンプルなものでしたが、少しずつ改良され、さまざまな具材をのせた現在のスタイルへと変化していきました。
こうして、冷やし中華は夏の食べ物として受け入れられ、近年ではさらに『冷たい麺料理』のバリエーションが増えています。なかでも隣にある山形県の『冷やしラーメン』や『ざる中華』などが有名です。

 

同時期に神保町の揚子江菜館でも提供

同じ時期に、神田・神保町の『揚子江菜館』でも冷やし中華が提供されています。
冷やし中華といえば、玉子や野菜、ハムなどさまざまな具を放射状に盛られたイメージが強いでしょう。この盛り方の元祖は、『揚子江菜館』の『富士山盛り』だといわれています。
同時期に似たようなものが複数生まれることは珍しくなく、どちらを元祖とするかは判断が難しいところです。いずれにしても、冷やし中華の発祥が日本であることに変わりはありません。

 

西日本では冷麺と呼ぶこともある

西日本の一部の地域では、冷やし中華を『冷麺』と呼ぶことがあります。
冷麺は、もともと朝鮮半島の冷たい麺料理を指すもので、そば粉や小麦粉を原料に作られた弾力ある麺が特徴の『韓国冷麺』もその一つです。西日本ではこのような『冷たい麺料理』を総じて『冷麺』と呼んでいるそうです。
そのため、全く違う特徴を持つ冷やし中華も冷麺と呼ばれており、驚く人もいるかもしれません。

 

全国への普及は戦後から

昭和12年ごろに日本で生まれた冷やし中華ですが、全国への普及は戦後から始まったとされています。
戦前は物資に乏しかったことから、具材が少なく盛り付けもシンプルなものでした。戦後には物流や野菜の供給も豊かになり、細切りにした具材を放射状に盛り付けるスタイルがすでに確立されていたようです。

 

家庭向け商品の登場で人気が拡大

全国への普及を後押ししたのは、家庭向け冷やし中華の販売です。1960年、仙台にある製麺会社『だい久製麺』が家庭用の冷やし中華『元祖だい久 冷やし中華』を販売しました。
当時は画期的だった生麺と液状のタレがセットになった商品で、手軽に食べられると消費者の心を掴みます。宮城県下ではブームになるほどの人気ぶりだったようです。
これまで『涼拌麺』や『冷やしそば』『冷やし中華そば』など統一されていなかった呼び名も、発売を機に『冷やし中華』と呼ぶのが主流になりました。

 

しょうゆと酢ベースのタレが多数派

冷やし中華は、『しょうゆと酢ベースのタレ』がベーシックなものでした。最近はさまざまなタレが使われていて、店舗によってオリジナリティあふれる冷やし中華も登場しています。
とはいえ、元祖ともいえる『しょうゆと酢ベースのタレ』は王道の味です。冷やし中華といえば『甘酸っぱさ』をイメージする人も多く、広く圧倒的な支持を得ています。

マヨネーズをかける地域もある

少数派ではありますが、冷やし中華にマヨネーズをかける人もいます。福島を中心とした東北から北関東、愛知が中心の東海圏、北陸などではマヨネーズをかける人が多いようです。
「マヨネーズをかけるかどうか」で、定期的にネット上で議論を呼んでいるのも、根強い人気があることを思わせる食べ方です。

 

ゴマダレや中華風などアレンジも豊富

冷やし中華は、タレを変えるだけで手軽に味を変えられます。ベーシックに飽きたら、ゴマダレや酢を入れないしょうゆダレなども試してみましょう。
また、ひと手間加えることでアレンジの幅も広がります。例えば、酢の代わりにレモン汁を使うとフルーティーなタレの完成です。他にもトマトやアボカドなど好みの野菜を添えたり、パクチーなどの薬味を変えることで、味も雰囲気もガラリと変わります。

 

冷やし中華の栄養から期待できる健康効果

1.疲労回復

現代では、病気や栄養不足、ストレスなどさまざまな要因によって、私たちの身体は疲労状態になってしまいます。
冷やし中華に多く含まれるビタミンB群には、エネルギーを生み出すために必要不可欠な三大栄養素であるタンパク質・糖質・脂質の分解を促すことができます。そして、代謝に必要な酵素を補酵素としてサポートする働きがあるので、エネルギー不足による疲労にも予防が期待できるのです。
他にも、疲労回復に効果のある栄養素の吸収を大幅にアップさせるビタミンCや疲労しやすくなるのを防ぐタンパク質が含まれているので、疲労回復の効果があります。

2.免疫力の向上

栄養バランスが悪い食生活やストレス、加齢、などの原因から免疫力が低下してしまいます。そうすると、風邪やインフルエンザ、コロナのようなウイルス感染や食中毒などの細菌感染を起こしやすくなります。
冷やし中華に含まれているタンパク質には、白血球などの免疫細胞や、免疫に関わる酵素の材料となり免疫力をアップする効果が期待できます。
また、血管の強化や、気管支の粘膜を正常に保つことで免疫細胞の働きを活発化させ、喉や鼻の粘膜の強化にもつながります。
ウイルスの侵入を防ぐ効果があるビタミンAや、免疫機能を担う白血球の一つである好中球の活性維持や増強に関与する働き、ウイルスの増殖を阻止する働きがあるインターフェロンの生成を促進する効果があるビタミンCなど、まだまだ多くの栄養素が含まれているので、免疫量の向上効果があります。

3.貧血予防

血液中の鉄分が不足してしまうと、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血になってしまいます。
冷やし中華には、ヘモグロビンを生成するのに必要な成分である鉄分が含まれています。また、ヘモグロビンを含有している赤血球の生成を促す働きがあるビタミンB群のひとつであるビタミンB12や、ホルモンバランスの調整や赤血球の中にあり血液中で鉄や酸素を運んでいるヘモグロビンを生成するのに必要なビタミンB6なども一緒に摂ることができるので、貧血予防の効果があります。

4.癌予防

癌は、日本人の三大死亡原因の1つとして知られています。今では、約3人に1人が癌で亡くなっていると言われるほどです。
冷やし中華に含まれるモリブデンには、発ガン物質の一つである亜硝酸アミンの吸収や蓄積を防ぐ働きがあります。また、抗酸化作用によって癌の原因物質である、増えすぎてしまった活性酸素を除去し、抑制する働きがあるビタミンCやビタミンE、セレンなども含まれていることから、癌予防につながる効果があります。

5.美肌効果

冷やし中華に豊富に含まれるビタミンCには美肌作りに欠かせないコラーゲンの生成を助ける働きをはじめ、シワや肌荒れ、シミ、ソバカス、ニキビの炎症を防ぐ効果があります。
また、肌のターンオーバーを正常に保ち、肌全体をきれいにする働きがあるビタミンAや、血液循環を促すことでクマやくすみを改善する働き、肌の新陳代謝を向上させるなどの効果があるナイアシン、抗酸化作用による過酸化物質が生成されるのを防ぎ、肌全体のくすみを作りにくくする働きがあるビタミンEやセレンなども含まれているので、美肌効果があります。

6.老化抑制

体に侵入したウイルスや細菌を攻撃する働きがある活性酸素が過剰に働いてしまうと、正常な細胞にも攻撃してしまいます。これにより血管や細胞内、核酸など体の様々な部位に悪影響を与えてしまい、老化の要因となってしまいます。
ですが、冷やし中華に含まれるビタミンCやビタミンE、セレンには抗酸化作用があるので、増えすぎてしまった活性酸素を除去し抑制する働きによって、活性酸素が過剰に働き正常な細胞を攻撃してしまうのを防ぐ効果ぎ、老化抑制につながる期待ができます。

 

スポンサーリンク