Web Analytics Made Easy - Statcounter
View My Stats

japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

短冊の色で願い事が違う?

7月には五節句の1つである、七夕があります。
七夕といえば、天の川でへだたれた織姫と彦星が一年に一度会える日と言うことで有名ですよね。
百貨店やスーパーなどのイベントで笹の葉に吊るす短冊に願いを書くことも良く見られる光景になりました。
そんな、色とりどりある短冊にも願いによって書く色が違うことをご存知でしたか?

 

七夕の由来

七夕は「しちせき」とも呼ばれます。だとすると「なんで、たなばたって言うの?」となりますよね。
七夕の由来となる話は、3つ存在していて、それぞれ7月7日に関係するものばかりです。
中には時代の流れとともに形を変え、伝えられたものも多くあります。今回は有名な3つをご紹介します。

七夕の名前

1つ目は日本の神事として行われていた棚機(たなばた)。
七夕が「たなばた」と呼ばれるようになった由来です。
棚機(たなばた)は神事でつかう着物を織る織り機の名前です。棚機(たなばた)を使う事が出来るのは選ばれた女性のみで、選ばれた女性の事を「棚機女(たなばたつめ)」と呼びました。
元々は神様を奉る棚に織物を供え、秋の収穫の豊作を願い、人々のけがれを払う為に行われていた神事でした。
それから仏教の伝来にともないこの行事はお盆の準備として7月7日に行われるようになり、棚機(たなばた)から当て字で七夕(たなばた)と呼ぶようになったそうです。

七夕の元となった話

2つ目は織姫と彦星の伝説。
七夕の季節になると、とても輝くふたつの星があります。琴座のベガと呼ばれる星は裁縫の仕事の星、鷲(わし)座のアルタイルといわれる牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事の象徴の星として古代中国で考えられてきました。
このふたつの星の間には天の川と呼ばれるように小さく輝く星が無数に輝く川の両側に存在し、旧暦の7月7日頃(現在の8月7日頃)に一番輝きを見せることから星がお互いを求めているように見え、七夕のストーリーが作られたと言われています。
伝説には、カササギが橋渡しをすることで二人が出会えるという一説があるのですが、夏の大三角形であるデネブ・アルタイル・ベガはそれぞれ、カササギ、彦星、織姫なんですよ。

七夕が行事になった由来

3つ目は乞巧奠(きこうでん)という中国の宮中行事。
乞巧奠(きこうでん)は琴座のベガと呼ばれる星が裁縫仕事の星ということもあり、古代中国では機織(はたおり)が上手な織女(おりめ)にあやかって織物の上達などをお祈りする風習が生まれました。
今では織物だけではなく芸事や書道などの上達をお祈りする日として続いているようです。

 

短冊の色の意味

七夕には色とりどりの短冊が飾られますよね。
使われる色は、陰陽五行説からもとづいて、黒(紫)・赤・白・黄・青(緑)の5色が使われます。
黒は縁起がよくないということで、黒の代わりに紫が使われています。
また昔は緑を青と呼んでいた名残なのか、青の代わりに緑が使われることもあります。

5色の色にはそれぞれ意味があり、願い事にあった色に願い事を書くことで願いが叶いやすくなるといわれています。

  • 紫(黒)の短冊は、”学業”に関する願い事「勉強が出来ますように」や「テストや受験がうまく行きますように」など学業成就は紫や黒の短冊に書きます。
  • 赤の短冊は、両親や先祖に”感謝”する事「いつもありがとう」や「元気でいてね」などの願い事は赤の短冊に書きます。
  • 白の短冊は、”規則”や”義務”を守る達成の願い事「○○をやる」「寝坊しませんように」などルールを守る願い事は白の短冊に書きます。
  • 黄色の短冊は、”人間関係”に関係する願い事「おともだちがたくさんできますように」「人見知りが治りますように」など、人間関係に関連する願い事がおすすめです。
  • 青(緑)の短冊は、”成長”に関係する願い事「○○できるようになりますように」や「○○をなおせますように」など、人間力を高める願い事がいいとされているので、自分の苦手なこと、短所をなおしたいという願い事がおすすめです。

 

織姫と彦星が会える日

七夕は「しちせき」ともよばれる日本古来の伝統行事。
端午の節句などと同様に、四季の節目に行われる伝統行事「五節句(ごせっく)」の一つにも数えられています。
行事のベースには以下のような「七夕伝説」があり、七夕の日には夜空を見上げるのが一般的です。
あるところに機織りが得意な「織姫」と、牛飼いの「彦星」が住んでいました。2人は神様に認められて夫婦になりますが、お互いのことが好きすぎて仕事をしなくなってしまいます。怒った神様は2人間に天の川を作り、2人を離してしまいました。しかし2人があまりにも悲しむので、神様は1年に1度だけ会うことを許します。
それが7月7日、すなわち七夕となったのです。(諸説あります)
七夕は7月7日に行うのが一般的ですが、地域によっては8月7日とするところもあります。
これは、かつての七夕が旧暦で行われていた名残です。

 

笹の葉に吊るす理由

笹や竹というものは生命力にあふれ、まっすぐに伸びることから神聖な植物といわれ、笹の葉は魔除けになると考えられたようです。
笹には短冊以外にも飾りを吊るします。それぞれにも意味や願いが込められています。

  • ちょうちん:心を明るく照らしますようにと言う願いが込められています。
  • ふきながし:織姫の糸をあらわし長寿の願いと機織、裁縫が上手くなるようにという願いが込められています。
  • ねじりあみ投網(とあみ)、網飾り:魚を取る網で大漁を願う飾りです。また幸せをからめとるという意味もあります。
  • 折鶴:健康、長寿、家内安全の願いが込められています。家族の中で最年長者の数だけ折鶴を飾ると言いとされています。
  • 巾着:節約や貯蓄、商売繁盛の願いが込められています。
  • くずかご:飾り作りで出た紙くずをいれることで倹約と清潔にする心、整理整頓の心を養うという願いが込められています。
  • 織姫と彦星:ずっと仲良くいられますようにと言う願いが込められています。
  • 星飾り:星に願が届くようにと言う願いが込められています。
  • 紙衣(かみごもろ):裁縫や機織が上達するようにと言う願いが込められています。紙衣には身代わりの役目である形代でもあるため、子どもが健康に育つようにと願いを込め、竹の一番先端に吊るします。

 

なぜ七夕を「たなばた」と言う?

「七夕」を「たなばた」と読むのは、「棚機(たなばた)」という機織り機にちなんでいるためといわれます。
その昔の日本では、秋が来る前に、豊作を祈る行事が行われていました。
この行事では、「棚機女(たなばたつめ)」とよばれる女性たちが小屋にこもって、神様に捧げるための着物を織っていたそうです。
機織りの女性は何となく織姫のイメージに重なりますよね。
豊作を祈るこの祭りは、時代を経て織姫と彦星の神話に結び付き、2人にちなんだ行事として行われるようになりました。(諸説あります)

 

日本以外の国が気になる!世界の七夕

7月7日を「七夕」とするのは、日本だけではありません。他の国では七夕をどのように過ごすのか見ていきましょう。
中国
七夕発祥の地である中国では、七夕は旧暦で行われます。日にちは年によって異なりますが、8月上旬となることが多いようです。
中国の七夕は、男性が女性に贈り物をしたり、恋人同士がイベントとして楽しんだりする日となっています。日本のバレンタインデーを想像すると分かりやすいでしょうか。
これは、七夕伝説の「恋人同士が1年に1度だけ会える」というロマンチックな部分のみが切り取られたためなのとか。日本のように、短冊などを飾る習慣はありません。
台湾

台湾の七夕も旧暦の7月7日で、「七夕情人節」と呼ばれます。何となく字面で想像が付きますが、子どもではなく恋人のためのイベントデー。バレンタインデーを中国語表記したのが、「情人節(情人节 )」です。
「チャイニーズバレンタインデー」などとも呼ばれ、若いカップルの間ではバレンタインデー以上の盛り上がりを見せるそうです。
七夕が近づくと、花束やぬいぐるみなど、女性へのプレゼントとなりそうなものが店頭に並びます。男性は高級レストランを予約したり、プレゼントを用意したりと、大忙しとなるそうです。
韓国
韓国の七夕も旧暦の7月7日で、「チルソク」と呼ばれます。
1年に1度「キョヌビョル(彦星)」と「ジッニョビョル(織姫)」がオジャッキョ(烏鵲橋:数万羽のカラスやかささぎが連なった橋)で会うという伝説がよく知られているそうです。
とはいえ日本や中国・台湾のような大きなイベントはなく、極めて静かなものだそうです。
イベント的なこととしては、「ミルグクス(小麦粉で作った麺)」や「ミルジョンビョン(小麦粉で作ったせんべい)」を食べることくらいでしょうか。
なお韓国では、七夕の日は「雨が降るとよい」とされています。雨は2人が流したうれし涙と考えるのだそうですよ。
ベトナム

ベトナムの七夕も、旧暦の7月7日です。織姫と彦星の言い伝えもあり、「小豆を食べる」のが一般的なのだそうです。
七夕は、ベトナムでは特に人気のある行事というわけではありません。若い人の中には意味を知らない人も少なくないようです。
ただし近年は中国の影響からか、「恋人のイベント」として七夕を盛り上げようとする動きも見られるそうですよ。
アメリカ・ブラジル・フィンランド
七夕は中国が起源と言われているせいかアジア圏でのイメージがありますが、アメリカのロサンゼルスでは毎年七夕祭りが開催されています。
ブラジルでは季節が冬なため、冬の風物詩として七夕祭りが催され、サンパウロでは「スターフェスティバル」として親しまれています。
スポンサーリンク