Web Analytics Made Easy - Statcounter
View My Stats

japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

ロゼワインは、8度から14度くらいが適温です

食事と一緒に楽しめるワイン。
普段からワインを飲んでいる方であれば、ワインには「赤ワイン」「白ワイン」「ロゼワイン」があることはご存知ですよね。

しかし「この3種類の違いは何?」と聞かれた時、正確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。実はワインは赤や白、ピンクといった見た目の違いから分類されているわけではないのです。

 

ロゼワインとは?

ロゼワインは、主に赤ワイン用の黒ぶどうを使って造られるワインです。
ロゼ(Rosé)はフランス語で「バラ色」を意味し、フランス語だけでなく、英語でもロゼ(RoséまたはRose)ワインと呼ばれています。
アメリカでは、ピンクワインやブラッシュ(Blush)ワインと呼ばれることも。
スペインでは、ロゼワインをロサード(Rosado)と呼び、イタリアではロサート(Rosato)と呼んでいます。

ロゼワインには

非常に淡いソメイヨシノのような色合いのピンク色から紫がかった赤ワインに近い濃いピンクタイプまで、ぶどうの品種やワインの製法により、さまざまなバリエーションがあります。

 

ロゼワインの歴史

ロゼワインは歴史が浅いイメージがありますが、実は2600年前にフランスのプロヴァンス地方(Provence)にギリシャ人がぶどうの木を植えた段階で、既にロゼワインは造られていました。

その当時は赤ワインを造る技術が発達していなかったため、赤ワイン用のぶどうを使っても色がはっきりつかず、自然とロゼワインになっていたのです。

プロヴァンス地方

(特にバンドール,Bandol)は、ローヌ川下流のタヴェル(Tavel)やロワール地方のアンジュ(Anjou)と共に、フランスのロゼワインの3大産地として知られています。

フランスでは、他にブルゴーニュ地方(Bourgogne)のマルサネ(Marsannay)やジュラ地方(Jura)のアルボワ(Arbois)もロゼワインの産地として有名です。

ロゼのシャンパンが造られ始めた時期

ロゼワインよりもっと遅く、1764年に、フランス・シャンパーニュ(Champagne)地方のルイナール(Ruinart)が「ウイユ・ド・ペルドリ」(Oeil De Perdrix,「山ウズラの目」という意味)を出荷した記録が残されています。

第2次世界大戦後には

ポルトガル・ソグラペ社(Sogrape)の微発泡ロゼワイン「マテウス・ロゼ」(Mateus Rosé)がロゼブームの火付け役になり、日本でも大流行しました。

日本では

桜の時期である春に売られることが多いロゼワインですが、もともとは夏がシーズンで、コート・ダジュールのバカンス客に人気でした。1970年代には、カンヌ映画祭でエスタンドン(Estandon)のロゼワインが振舞われています。

フランスでは

990年ころから、伝統にとらわれない、流行に敏感な若者を中心に人気が出て、ロゼの消費量が増え始めます。

アメリカでは

2000年ころから人気に火が付き、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが所有するミラヴァル(Miraval)、ジョン・ボン・ジョヴィが手掛ける「ハンプトン・ウォーター(Hampton Water)」がロゼワインを販売するなど、ハリウッドのセレブもロゼワイン人気に一役買っています。

 

赤ワイン・白ワイン・ロゼワインの違い

結論から言うと、赤・白・ロゼの違いは使うブドウの種類と製造方法にあります。

ブドウの種類

ワイン用のブドウには、紫色の果皮をまとった「黒ブドウ」と、黄緑色の果皮をまとった「白ブドウ」があります。基本的には「黒ブドウ」から造られるワインが赤ワイン、「白ブドウ」から造られるワインが白ワインになります。

ただし、例外的に白ワインの原料に「黒ブドウ」が使用されることもあるので、ブドウの違いが赤白の違いの決め手となるわけではありません。

なお、ロゼワインには一般的に黒ブドウが使用されています。

製造方法の違い

赤・白・ロゼの違いの決め手となるのは、ズバリ製造方法。

赤ワインは、黒ブドウのブドウの果汁に果皮や種子を漬け込んだ状態で発酵させます。そうすることで、果汁に果皮や種子から色素が抽出され、深みのある赤い色になるのです。

白ワインの場合、白ブドウ果皮や種子を取り除いてからブドウの果汁のみを発酵させます。そのため、白ワインは少し黄味がかった透明な色になるのです!

ロゼワインには数通りの製法がありますが、最もスタンダードなのは、セニエ法と呼ばれる製法。
黒ブドウのブドウの果汁に果皮や種子を漬け込み、ある程度色が付いた時点で果皮や種子を取り除き、発酵させまという製法です。こうして、程よく色づいたピンク色のワインになるのです。

ワインの適温

一般的に、赤ワインは常温、白ワインとロゼワインは冷やして飲みます

赤ワインは飲み口が軽いもので14~16度、コクのある重めのワインであれば16~18度がベスト。
赤ワインは冷やしてしまうと渋みが強調されてしまうので常温で飲むのが一般的。また、温度が高すぎるとアルコールが蒸発してしまうこともあるので注意してくださいね。

白ワインの適温は、辛口が6~13度、甘口が2~6度。
白ワインは冷やした方が、独特の酸味が締まり、ブドウのフレッシュな味わいがより強く感じられるんです。

ロゼワインの適温は、辛口が7~13度、甘口が6~8度。

辛口のロゼの場合、少し冷やした方がすっきりとした味わいが引き立ちます。一方、甘口のロゼは、温度が高くなると甘ったるく感じてしまうので、辛口のものよりも低めの温度がベストです。

 

赤ワインの効能

赤ワインには、ポリフェノールという成分が多く含まれています。ポリフェノールには、高い高酸化作用があり、老化やシミ、そばかすなどの原因となる活性酸素の発生を抑える働きがあります。
つまり、赤ワインにはアンチエイジング効果が期待できるということ。

また、ポリフェノールは視力回復や眼病予防の効果もあると言われているので、仕事でパソコンを使う方や眼精疲労気味の方にもおすすめ。

さらに赤ワインに含まれるリスベラトロールという成分には、血栓症や動脈硬化の予防効果、抗がん作用などがあるという研究結果も発表されています。
フランス人は心臓疾患や動脈硬化が少ないとされていますが、それは赤ワインを日常的に飲んでいるからとも言われているんです。

 

白ワインの効能

一般的に、赤ワインの方が白ワインよりも健康的なイメージが強いかもしれませんが、白ワインにも様々な効能があります。

まず、白ワインには高い解毒作用があるので食中毒の予防に効果的。昔からフランス人は、生カキを食べるときには白ワインもいっしょに飲んでいたというほどなんです。

また、腸内細菌のバランスを整える作用もあるため、便秘にも良いんだとか。便秘による肌荒れやぽっこりお腹なども解消できるので一石二鳥!女性にとって嬉しいことづくしですね!

他にも、白ワインには利尿作用があるので、むくみ予防にも効果を発揮します。

 

ロゼワインの効能

赤ワインと同じ黒ブドウから造られるロゼワインには、赤ワインほどの含有量ではないものの、ポリフェノールが含まれています。

そのため、赤ワインで得られる効能と似たような効果が得られます。

 

「肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン」というのは本当?

一般的には、「肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン」と言われていますよね。しかしながら、いつもこの法則があてはまるとは限りません。

では、何を基準に赤・白・ロゼを選べばよいのでしょうか?

料理の色

料理に使われる食材でワインを決める、というのもひとつの手ではありますが、「料理の色にワインの色を合わせる」方がしっくりくるでしょう。

例えば、トマトソースやデミグラスソースのかかった料理など、赤や茶色っぽい色の料理には赤ワインを、白身魚やクリームで煮込んだような、白や黄色っぽい料理には白ワインを合わせます。そうすることで、料理とワインが相互に引き立ち、一層美味しく味わうことができるのです。

ボリューム・味で選ぶ

他には「料理のボリューム感や味の濃さでワインを選ぶ」という方法。

ボリュームのある料理や濃い味の料理には赤、あっさりした料理や薄味の料理には白を合わせます。そうすることで、料理とワインのどちらか一方がもう一方に負けてしまうということがなくなり、とても良い相性になるんです。

迷ったらロゼ

最後に、赤か白か選ぶのに迷ったら、ロゼワインを選ぶという方法があります。

実は、ロゼワインはあらゆる料理と相性がいいのです。そのため、一般的にワインと合わせにくいとされる中華料理や鰻の蒲焼などともよく合います。

また、前菜からメインまでの食事を一本のワインで通す時も、あらゆる料理にマッチするロゼワインが活躍してくれるでしょう。

 

ロゼワインのおいしい飲み方

ロゼワインは、8度から14度くらいが適温です。
直接圧搾法で造られたさわやかなロゼは温度を低めに、セニエ法で造られたしっかりとした味わいのロゼは温度を高めにします。
冷蔵庫から出した直後は冷え過ぎなので、飲む5~15分前から外に出しておくと良いでしょう。
ロゼは熟成させても、味に変化はありません。また、ロゼはあまり長持ちしないので、開栓していない場合もなるべく早めに、遅くとも出荷後6カ月以内に飲み切ることをおすすめします。

スポンサーリンク