Web Analytics Made Easy - Statcounter
View My Stats

japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

歯磨きは大事だけど、そもそも歯磨き粉って・・・。

歯磨き粉の選び方、使い方をご存知でしょうか。薬局などに陳列されているものだけでも相当な種類があります。棚の前でどれにしようか、悩んでしまうこともよくありますよね。

 

ブラッシングの目的

これを考えるには、まず「ブラッシングの目的は何なのか」を考える必要があります。
一般目線で言うと、「食べかすをとるため」「口臭予防のため」などでしょう。確かにこれらは間違いではないです。
しかし我々専門家からすると、ブラッシングの目的は「プラークを取り除くために行う」ものです。プラークとは歯の表面に形成される「細菌の集合体」です。むし歯も歯周病もお口の中の細菌が引き起こす病気ですから、その原因となるプラークを取り除くことが、最大の目的となるのです。

 

高級歯磨き粉?安い歯磨き粉?

では、単純にブラッシング時に歯磨き粉を使ったほうが、全く使わなかった場合と比べて、より多くプラークを除去できるのでしょうか?
これについて、いくつかの研究論文があります。『歯磨き粉を使用したことによって、付加的な効果はなかった』ということでした。つまり、『歯磨き粉を使った場合と、使わなかった場合を比較しても、プラーク除去の効果は変わらなかった』ということです。
そうなのです。
そもそも歯磨き粉を使うかどうかで、プラークの除去効果は変わりません。プラークは歯ブラシの毛先が直接触れることで除去するしかないのです。これはどんな歯磨き粉を使おうと、例えば高級歯磨き粉であろうと安い歯磨き粉であろうと、大きな違いはありません。
歯磨き粉の成分(例えば殺菌作用の成分など)が入っていれば効果があるのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

歯磨き粉の殺菌成分として

主に使われる成分は、クロルヘキシジン・塩化セチルピリジニウム(CPC)・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)等があげられます。これらの成分は確かに殺菌作用として有効である可能性はあります。しかし信頼のおける研究において、「この成分はブラッシングで使うと効果が高まる!」というものはないようです。

では歯磨き粉って使う意味はないのでしょうか?

 

歯磨き粉を使う意味

歯磨き粉は確かに「プラークの除去」という一点だけを見ると、あまり期待できるものではないでしょう。
しかし、それとは別に「むし歯予防」の観点で言うと、非常に重要な成分があります。それは『フッ素(フッ化物)』です。フッ素は多くの論文で、むし歯予防に対して有効性が認められています。また歯磨き粉に含まれる濃度を適切に使えば、安全性も高いです。
つまり、ブラッシング時に歯磨き粉を使う一番の目的は、『フッ素の含まれた歯磨き粉を使うことによる、むし歯予防効果』と言えるでしょう。

現在、日本で売られているの歯磨き粉の80〜90%にはフッ素が含まれています。なので何も考えずに歯磨き粉をドラッグストアやスーパーで購入しても、ほとんどの歯磨き粉にはフッ素が入っています。歯磨き粉に含まれるフッ素の濃度は製品によって違いがあり、日本の法律では1500ppmFが上限です。より高いむし歯予防効果を求める方は、「高濃度フッ素」や「1450ppm」といった表記を参考にすると良いでしょう。
(ちなみに私もなるべくフッ素の濃度が高い歯磨き粉を意識して使っています)

 

ジェルとペーストの違い

この二つの1番の大きな違いは発泡剤と清掃剤が配合されているかどうかです。
配合されているとより清掃性が高まり、配合されていないとより薬用成分が口腔内に停滞しやすくなります。

「ペースト」
発泡剤、清掃剤配合→歯磨きでの清掃を助けてくれる

「ジェル」
発泡剤、清掃剤無配合→口腔内にフッ素等薬用成分を保持しやすい

歯磨き粉と歯磨きジェルは『成分』が大きく異なる

歯磨き粉はある程度硬さがある白いペースト状であるのに対し、歯磨きジェルは透明でやわらかいのが特徴です。

この色の違いには、発泡剤と研磨剤の2つの成分が関係します。
つまり、歯磨き粉と歯磨きジェルの成分の違いを簡単にいうならば、

  ・『研磨剤』と『発泡剤』が含まれるもの=歯磨き粉
  ・『研磨剤』と『発泡剤』が含まれないもの=歯磨きジェル

とご理解していただければよいでしょう。

研磨剤(清掃剤)

歯の表面についた歯垢(プラーク)や着色汚れを細かい研磨剤の粒子で落としやすくする働きがあります。

主な成分に
 ・炭酸カルシウム
 ・リン酸水素カルシウム
 ・無水ケイ酸
などがあり、歯磨き剤の成分表示では『清掃剤』という部分に記載されています。
汚れを取りやすくする働きの一方で、研磨剤は粒子によって歯や歯ぐきを傷つけてしまうことが懸念されます。
しかし近年は粒子が非常に細かく、歯や歯ぐきにも優しい「低研磨性」の歯磨き剤も多く販売されています。

発泡剤

歯磨き剤を泡立て、お口の中に歯磨き剤の成分をいきわたらせ、歯垢やプラークなどの汚れを落ちやすくすることが発泡剤の役割です。
しかし、この泡立ちは、すぐにうがいしたくなるので、磨く時間が短くなったりして、かえって汚れ落ちが悪くなることが指摘されています。
また発泡剤として一般的に配合されている『ラウリル硫酸ナトリウム』という物質は、口の中の粘膜を保護するムチンの働きを弱めてしまうことがわかっています。
そのため口腔乾燥症など、口の中が乾きやすいという方などには発泡剤の入った歯磨き剤はあまりお勧めできません。

 

歯医者の歯磨き粉と市販の歯磨き粉の違い

始めに、歯医者で使っている、もしくは売っている歯磨き粉と市販の歯磨き粉の違いについて解説をします。

結論からいうと

両者には極端な違いはありません。
適切な方法で歯磨きできているのであれば、わざわざ高額な歯医者の歯磨き粉を使わずとも市販の歯磨き粉で十分といえます。
その上で違いを述べるとなると、配合されている成分の違いですかね。歯医者で取り扱っている歯磨き粉は、虫歯予防効果が期待できるフッ素が高濃度で配合されていたり、歯周病や知覚過敏によく効く薬用成分が多く含まれていたりすることが多いです。
そのため、より質の高い歯磨き粉を使いたいという方には推奨できます。  

発砲剤が含まれていないことが多い

歯医者の歯磨き粉には、泡立ちを良くする発泡剤が含まれていないことが多いです。
これは一般の人からするとデメリットのように感じるかもしれませんが、汚れをしっかりと落とす上では有用です。
なぜなら、泡立ちが良いとそれだけで歯磨きしたという満足感が得られるからです。泡立ちがないとしっかり磨かなければ、歯の表面のヌルヌルなどが気になってしまいます。  

クリーニングとセルフケアのブラッシングは大違い?

次に、歯医者で受けるクリーニングと市販の歯磨き粉を使ったブラッシングの違いですが、これには雲泥の差があります。というのも、クリーニングでは口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士が電動のブラシと研磨剤を使って、1歯1歯ていねいにいくため、磨き残しはほぼゼロになります。
それだけではなく、クリーニングではセルフケアのブラッシングでは落とせないバイオフィルムや歯石、ステインなども一掃できるのです。それだけに歯医者でのクリーニングは定期的に受けることが強く推奨されます。  

バイオフィルムや歯石を取り除けるメリット

どんなに歯磨きが上手な人でも、歯磨きだけでケアを完結している場合は徐々に汚れが堆積していきます。これはバイオフィルムや歯石が原因です。
上述したように、これらはセルフケアでは取り除けないだけでなく、細菌の温床となる汚れであるため、さらなる歯垢・歯石の沈着を促してしまうのです。
雪だるまを作る時をイメージするとわかりやすいかもしれません。
何もない状態では雪だるまを作ることはできませんが、ほんの小さな雪の塊があれば、地面を転がすだけでどんどん大きくなりますよね。
それと同じような現象が歯面の汚れでも起こるものとお考えください。  

 

電動歯ブラシをお使いの方

電動歯ブラシで歯磨き粉を使用すると、研磨剤で歯を削りすぎてしまうほか、過度な泡立ちによって飛沫が飛び散って周囲を汚してしまう恐れや泡立ちが多いと全体を磨かないうちに早くうがいしたくなることがあります。

したがって電動歯ブラシをお使いの方は研磨剤、発泡剤無配合の歯磨きジェルや液体歯磨きを使用しましょう。

 

歯磨き粉を使用する場合は、選び方や使用方法に注意する(欠点)

歯磨きジェルの良いところを挙げてしまうと、歯磨き粉は良くないものと思われてしまうかもしれませんが、歯磨き粉には歯磨き粉の良さがあります。
先ほど述べた歯磨きジェルにも実は「着色汚れが落ちにくい」という弱点があります。
特にコーヒーや紅茶などが大好きで日常的に飲んでいる方は、ステイン(着色汚れ)がつきやすくなるため歯の黄ばみが大きな悩みとなります。
このように歯の汚れや黄ばみできるだけ防ぎたい場合は、研磨剤の配合された歯磨き粉のほうがその予防に効果的です。
ただ市販の歯磨き粉の中には粒子が大きく、歯や歯ぐきにダメージを与えてしまうものもあるので注意しましょう。

歯磨き粉を使用する場合は粒子の細かい『低研磨性』のものや、※着色汚れを浮かせて落とす成分が配合された歯磨き粉などがお勧めです。

■ 着色汚れを浮かせて落とす成分 ■

 ・ポリリン酸ナトリウム
 ・ピロリン酸ナトリウム
 ・ポリエチレングリコール(ヤニ汚れ) など


また歯磨き粉の使用は週に1,2回程度のスペシャルケアにするなど、使用回数を工夫するのも良いでしょう。

スポンサーリンク